Month: 4月 2017

私の得意はラップの無用衣装だ。

私の取り柄はラップの無用構図だ。洩れる心悸(場合によってはヒューマンビートボックスやアカペラのときもあります)を聞きながら、即興でキーワードをつなぎ、韻を踏みながらビートに乗っかる。そういう感じのことです。中学校のころからラップに出会って、学徒のころは地元のプールで連日連夜ラップ始める四六時中。おかげでかなりのスキルといったボキャブラリーが自分についたと思います。自分がはじめたころは、ラップなんて友人はまるで意欲がなくて「yo!yo!」のやつでしょ?とか馬鹿にされることもあったんですが、最近はハイスクールラップ選手権などの影響で知名度もかなり上がったので、時に個々にふられて無用構図ラップをすると「まあ!すげぇ!」という感心されます。こういう10階層で、なんとも現代変わったな、と思いますけど、自分は変わらずこれからも日常の些細なことから政治的場所まで幅広くラップで表現していこうと思います。なにかしら自分の見どころを持つことは果たして要所です。xn--pckhb1a7a3ivc2a6f1cf9684hvfdyy9g.club

私の学生時代は遠い昔の今から35時期以上前のことです。

私の学生時代は遠い昔の今から35歳以上前のことです。当時はパチンコ店頭に普通のパチンコとアレンジボールというものがありました。パチンコは熱情ランクなど薄い時世でしたので本当の普通のパチンコだ。アレンジボールは、1枚20のコインを投入すると16スタート玉が出てきて、1から16までの点数のついた落とし穴に入れていって点数が4個並ぶって払い出しがあり、重複するって最長10枚まで払い出し変わるものです。
こういうアレンジボールの攻略法を見つけ出した友人がいて、手打ちのパチンコが器用なら必要稼げるということで教えてもらいました。つまり、とあるランクで、とある釘という釘にわたってを銃撃やるだけです。やってみるとおやJPといわれる特有落とし穴に入ります。ここに入るとほぼ10枚落とせるので言われるように勝てます。
近所の店頭で勝ちまくりました。日々だ。おかげで月々で出入り差し止めだ。その後はそのランクを探して店頭を転じました。複数見つけて、代わる代わる打ちに行きました。親からの仕送りも入らない概況でした。多分2通年稼ぎました。その後卒業して生まれ故郷に戻り打つこともなくなりました。キャッシングで即日借り入れサービスがあった